nariguchi's blog

一眼レフ・Mac・読書記録

SIGMAのマウント交換サービスを依頼する(リアルタイム更新中)

今回、SIGMAレンズのマウント交換サービスを依頼しましたので、備忘録がわりに記事を作成してみます。

 

今回、マウント交換を依頼したレンズはSIGMA 85mm F1.4 Art(EFマウント) 

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

 上記レンズはキヤノンEFマウントですが、当方はボディをCANON EOS 6DからSony a7RIIIにマウント交換してしまったため、SIGMAのマウントコンバータ MC-11を利用して上記レンズを利用していました。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用 キヤノン⇔ソニーEマウント

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用 キヤノン⇔ソニーEマウント

 

SIGMA 85mm F1.4 ArtのソニーEマウント版が発売。上記レンズのEFマウント->Eマウント交換サービスも同時にスタートしました。

 

マウント交換サービスの利用方法ですが、具体的には以下の通りの様です。

 

1.SIGMA社のWebサイトより、マウント交換サービスの対象レンズかどうかを確認する

www.sigma-global.com

 

2.修理依頼票必要事項を記載する

https://www.sigma-photo.co.jp/support/repair/repair_form.pdf

希望する交換先のマウント名を記載すること

 

3.交換レンズと修理依頼伝票を「ご送付専用住所」に送付する

www.sigma-global.com

 

4.到着後、SIGMAから「マウント交換サービスの申込みについて」という受付メールが到着

 

レンズがシグマ社に到着後数日で、上記標題のメールが届きました。

所要期間は2〜3週間との事です。

 

5.レンズが到着(予定)

 

 

Sony Eマウントの撒き餌レンズ FE 50mm F1.8 SEL50F18F を試す

 

 Sony a7RIIIを買ったものの、手軽にカメラを持ち出したい際のレンズが無く困って居ました。

 

MC-11にCANONの撒き餌レンズ、EF50mm F1.8 IIを組み合わせて使って見たのですが、連写時やAFの動作に多少の違和感があり、どうせならSonyの純正レンズが一本欲しいなと考えて居ました。

 

そこで、EF50mm F1.8 IIの後継として最初に考えたのがSonyの撒き餌レンズであり軽量なSony FE 50mm F1.8です。

2018年3月12日現在、Amazonさんでの販売価格は¥28,000-

50mm F1.8の撒き餌レンズとしては、お値段はCANONさんの方が1万円ほど安価です。Sonyさんの純正レンズはお値段が少々高めで買いにくい印象ですね。

 

近い焦点距離の純正レンズとして、FE 55mm F1.8のレンズもありますがこちらはお値段が10万円近くと手を出しにくいお値段です。

また、こちらは焦点距離が55mmと多少画角が狭いので、使いやすさと価格と優先して、FE50mm F1.8を購入しました。

 

早速、近所の公園にて美人モデルさんを捕まえて試写してみます。

f:id:nzn_ef8:20180312231907j:plain

Sony a7RIII + FE 50mm F1.8 F1.8にて撮影

ピントが合っているモデル(猫)さんはしっかり解像してますが、少々柔らかめな印象です。背景のボケ味はあまり綺麗ではありませんが、このお値段を考えれば十分です。

 

f:id:nzn_ef8:20180312231836j:plain

Sony a7RIII FE 50mm F1.8 F3.2にて撮影

F3.2まで絞って上から撮影してみました。

顔の毛並みもしっかり解像しています。このくらい絞ると丁度良さそうですね。

 

f:id:nzn_ef8:20180312231808j:plain

Sony a7RIII FE 50mm F1.8 F4.0にて撮影

F1.8と同様の構図でF4.0まで絞ってみました。

F1.8もF4.0もRAW撮影したものを現像したのですが、モデルさんのコントラストが違って見えます。その分荒があればしっかり写ってしまうのですが(笑

 

Sony a7RIIIは42MPのセンサーを持った高級機ですが、FE50mm F1.8の撒き餌レンズでも絞ってやることで十分にセンサーの性能を発揮できる写真が撮影出来ます。F1.8の明るさを生かして、開放で撮影するのも楽しいです。

 

予算と軽量性を無視すれば高級な純正GMレンズやSIGMAさんのArtレンズを使えば最高の画質で撮影ができるとは思いますが、せっかくの軽量ミラーレスですので、手頃に持ち出せる軽量レンズとの組み合わせで楽しむのも良いかと思います。

NAS QNAP TS-431P を導入

 iMacの外付けストレージとして、Drobo 5Dを使っていましたが、ファンが壊れたり接続が切れたりと不安定な状況になってしまったため、ストレージをQNAP TS-431Pにリプレースしました。

 

Thunderbolt(10[Gbps])接続から、1000Base-T接続(1[Gbps])接続に速度が落ちてしまいましたが、新品でDroboを買うと10万円程度に出費になるため、半額以下のQNAPをチョイス。

保証期間が切れていたとはいえ、3年弱で使えなくなったDrobo 5Dが残念です。

 

Diskは、WDのNAS用6[TB]を2台。RAID1構成に。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 6TB WD Red NAS用 WD60EFRX 5400rpm 3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 6TB WD Red NAS用 WD60EFRX 5400rpm 3年保証

 

 

余っていたA-DATAのSSD 120[GB]をRAIDのキャッシュ用にしました。

A-DATA SSD S510シリーズ 2.5インチ 120GB SATA6.0Gb/s AS510S3-120GM-C

A-DATA SSD S510シリーズ 2.5インチ 120GB SATA6.0Gb/s AS510S3-120GM-C

 

 

ベンチマーク結果はこちら。毎秒80[MB/s]程度の速度は出るようです。 

f:id:nzn_ef8:20180110224134p:plain

QNAP TS-431P Benchmark

 

 

SONY a7RIII (1)

2017年はCANON EOS 6Dを使っていましたが、2018年になるにあたりカメラをSONY のミラーレスカメラであるa7RIIIに乗り換えました。

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

ソニー SONY フルサイズミラーレス一眼 α7RM3 ボディ ILCE-7RM3

 

 CANONからはEOS 6Dの後継、6D markIIも発売されていますが、6Dから大きな性能向上が無かったため6D markIIは見送り。結果としてSONYにマウント替えすることになった次第です。

 

レンズについては、当面はSIGMAマウントコンバーター MC-11を使うことでEFマウントレンズを継続利用する予定です。

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用 キヤノン⇔ソニーEマウント

SIGMA マウントコンバーター MC-11 キヤノンEF-E用 キヤノン⇔ソニーEマウント

 

2017年Paul McCartney来日(One On One JapanTour 2017)追っかけの記録(4/23・羽田空港)

本日(6/18)はPaul McCartneyの誕生日です

2017年度のPaul McCartney来日から二ヶ月近く経過しましたが、備忘録も兼ねてPaul McCartneyの追っかけ記録を残しておきます。

 

2017年4月23日・羽田空港

嘘か本当か、4月23日の19時30分に羽田空港にPaulが到着するという怪情報がTwitterに。ちょっとでもPaulが見れたら良いなと思い、思いつきで羽田空港に行ってみることにしました。

 

羽田空港に到着したのは13時前。この時点で既に待機中のファンが数百人・・・。

どうやら、早朝から場所取りをしていたファンの方もいらっしゃる様です。お昼過ぎの到着ではちょっと遅かったようです。

 

とりあえず前から4番目位の位置をゲットしました。平らな場所に並んでいるので、Paulを見るのはちょっと難しそうです。

 

今回の入り待ちのために、趣味のカメラも持参して見ました。

そもそも写真撮影は問題ないのでしょうか? 同様にカメラを持ってきて居るファンの方がチラホラいましたが特に文句は言われませんでした。黙認状態の様です。

 

持参したカメラはこちら。Canonのフルサイズ一眼レフ『EOS 6D』です。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

 

 

レンズは複数本持参したのですが、結局使ったのは『EF70-300mm F4-5.6 IS II USM』のみ。 

 

13時前から待機し待つこと7時間、Paulが無事に日本に到着したとのアナウンスがTwitterに。

入国審査を終え、19時46分にPaulが目の前に現れた瞬間がこちら。

f:id:nzn_ef8:20170618063032j:plain

Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO1250 F5.6 115mm 1/100s

 

空港に

ポーーーーーーーーーーーール!

と名前を呼ぶ叫び声歓声が響き渡ります。

 

揉みくちゃにされながら撮影。

f:id:nzn_ef8:20170618061402j:plain

Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO3200 F5.6 113mm 1/100s

 

ポーーーーーーール! 

 

f:id:nzn_ef8:20170618061352j:plain

Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO3200 F5.6 300mm 1/100s

 

7時間待機して、わずか2分と6秒間の出来事でしたが、無事にPaulを見るだけではなく、写真撮影まですることが出来ました!

 

反省点

もっとPaulを見れば良かった

Paulが目の前にいるのに、写真撮影に集中するあまり、カメラのファインダー越しにPaulを見ることが大半で、直接Paulをあまり見ていない・・・。

ファンとして非常に勿体無いことをしました。

 

シャッター速度の設定ミス? 

シャッター速度1/100では被写体(Paul)が止まりきらない。数十枚撮影したのに使える写真は数枚のみ。ISOが上がってしまうことを恐れすぎないで、もう少しシャッター速度を上げるべきでした。

 

感想

直接Paulを目の前に見ることが出来ただけでなく、趣味のカメラで最高の被写体が撮れたことに非常に満足しました。

 

感動のあまり、その後の晩御飯があまり喉を通りませんでした(笑

 

撮影機材

 カメラ本体:Canon EOS 6D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 6Dボディ EOS6D

 

 

レンズ:EF70-300mm F4-5.6 IS II USM 

 

交換レンズ SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART

CANON EOS 6Dユーザの私ですが、人物を撮影するのに85mmの単焦点レンズがいちばんのお気に入りでした。

 

使ってるレンズはこちら。CANON EF85mm F1.8 USM。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

 

古いレンズですが、軽量かつコンパクト、F1.8という明るさは単焦点ならでは。

コーティングや手ブレ補正がないことなど、多少の古さは否めません。しかし、2000万画素以上が普通になった現在でも現役で使える解像度を持っています。

 

また、CANONは85mmの単焦点レンズとして、F1.2のLレンズもラインナップにあります。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

 

こちらはお値段も高く、かつ10年以上前のレンズでありAFの遅さやF1.2の薄いピントなどクセのあるレンズです。使いこなすのが難しいと言われています。

 

そんな中、SIGMAから焦点距離85mmの交換レンズ 85mm F1.4 DG HSM | ARTがリリースされました。

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

CANONのF1.2よりは明るさでは劣るF1.4ですが、解像度については非常に高い評価がWebでは上がっています。

 

ついつい、秋葉原のヨドバシさんにてお買い上げしてしましました。

 

F1.4と明るいことから、日中の開放での撮影に支障がありそうなので、ND8フィルターもセットで購入。86mmのフィルターはお値段が高いです・・・。 

Kenko NDフィルター PRO ND8 プロフェッショナル 86mm 光量調節用 010549
 

CANON EOS 6DとSIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ARTの組み合わせにて撮影した写真を何枚か紹介します。

 

本来なら人物の写真が良かったのですが、都合の良い被写体がおらずご容赦ください。

f:id:nzn_ef8:20170514014534j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F1.4 ISO320 

 

f:id:nzn_ef8:20170514015023j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F1.4 ISO100

 

f:id:nzn_ef8:20170514015004j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F8.0 ISO800

 

F1.4の開放から解像度については全く問題ありません。純正F1.8をF5.6に絞った解像度がF1.4の開放にて得られている感触です。焦点が合っていない部分のボケも綺麗です。

社外レンズということでAF精度を心配していましたが、純正F1.8以上のAF精度が得られているように感じます。

 

しかし、使っていくにつれて気になる点もいくつか出てきました。

 

1.解像度が高すぎる。

純正F1.8では、開放では適度にソフトな写真が得られていました。

絞っていくにつれ、ピントが合う範囲が広がっていくと同時にシャープさが増していくのですが、本レンズは開放から非常にシャープな絵になります。

解像度が売りのレンズなので当たり前ですが、絞り値を調節することで絵作りを変えることができる楽しさが欠けてしまっています。

また、ポートレート撮影の際は、解像度の高さゆえに人物の肌荒れなどが映ってしまうかもしれません。

 

2.重量やサイズの問題

純正F1.8の重量はわずか425g、それに比べ本レンズの重量は1,130gと3倍近い重量です。フルサイズとしては軽量なEOS 6Dとの組み合わせでは重量差を数字以上に感じました。気軽に使えるレンズではなくなってしまいました。

 

と、気になる点もありますが、開放から遠慮なく使っていける解像度はさらなる撮影素子の高解像度にも対応するでしょうし、高すぎるシャープさは撮影後の調整で対応が可能です。

85mmの焦点距離が好きな方であれば、手にとってみてはいかがでしょうか?

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

 

読書:読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー

お酒を飲んで後悔したことや、お酒を飲んで失敗したことはありませんか?

 

飲みすぎてトイレに篭ったこと・・・

帰りの電車で寝過ごしてしまったこと・・・

飲んだ時の記憶が曖昧だったこと・・・

翌日にお酒を残して、午前中は使い物にならなかったこと・・・

 

私は上記の経験が多々あります。

 

私はお酒が大好きでした。

 

ストレスがあればお酒を飲んで気分を紛らわせたり、

悩みのある同僚や後輩がいたら飲みに連れていって話を聞いてやり、

お客さんとのコミュニケーションで飲みにいったり、

地元に行きつけの飲み屋を作って帰る場所を作ったり、

 

お酒を飲んでいる時、非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

しかし、多くの時間やお金、健康を犠牲にし、多くの失敗もしてきました。

 

貴重な私の人生がアルコールにコントロールされている。

そう思いました。

 

何とかしよう。

 

お酒に依存する生活じゃいけない。と見つけたのが次の本です。

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

私が読んだ結果ですが、未だ42日間ですが禁酒を続ける事が出来ました。

 

重度のアルコール依存の方には効果が無いかもしれません。

しかし、

「お酒を絶つことは非常に辛い」

「お酒がない生活は考えられない」

「でもお酒を減らしたい」

と思っている方には是非読んで欲しい本です。

 

ネタバレしてしてしまうと本書の効果が無くなってしまう可能性があるので、詳細な内容の紹介は避けますが、本書は辛い禁酒を推奨する本ではく、お酒から解放されるための知恵が書かれている本なのです。

 

この本を読めば、お酒の悩みから解放された人生を過ごす事ができる。かもしれません。

2017年初の撮影記録(日光中禅寺湖・秩父)

2017年になりました。

今年もマイペースでブログを更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

遠くに出かける際はカメラを持ち歩くようにしています。

しかし、センスがないのか、なかなかいい写真を撮ることができません。

 

正月明け早々ですが、日光と秩父を彷徨ってみました。

相棒のカメラは「CANON EOS 6D」

 

日光中禅寺湖畔の街並み。中禅寺湖に反射する街明かりが虹の様でした。

f:id:nzn_ef8:20170109113817j:plain

 Canon EOS 6D + EF16-35mm F4L IS USM ISO1600 F5.6 35mm 8s

 

先日購入した望遠レンズ「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」にて試し撮り。

中禅寺湖畔の建物と、奥日光の山々と雪を一枚に収めてみました。1月にしては雪が非常に少ないですね。

f:id:nzn_ef8:20170109120651j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO400 F5.6 70mm 15s

 

次は埼玉県皆野町にて撮影したクリスマスの忘れもの。

埼玉には珍しい雪がツリー周辺に降り積もる。光に照らされたツリーと雪が綺麗でした。

f:id:nzn_ef8:20170109113810j:plain

 Canon EOS 6D + EF16-35mm F4L IS USM ISO1000 F4 29mm 1/30s

 

冬は寒さで出歩くのが億劫になりますが、時間があれば出歩いて色々な景色を切り撮っていこうと思います。