読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nariguchi's blog

一眼レフ・Mac・読書記録

交換レンズ SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART

CANON EOS 6Dユーザの私ですが、人物を撮影するのに85mmの単焦点レンズがいちばんのお気に入りでした。

 

使ってるレンズはこちら。CANON EF85mm F1.8 USM。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.8 USM フルサイズ対応

 

古いレンズですが、軽量かつコンパクト、F1.8という明るさは単焦点ならでは。

コーティングや手ブレ補正がないことなど、多少の古さは否めません。しかし、2000万画素以上が普通になった現在でも現役で使える解像度を持っています。

 

また、CANONは85mmの単焦点レンズとして、F1.2のLレンズもラインナップにあります。

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

Canon 単焦点レンズ EF85mm F1.2L II USM フルサイズ対応

 

こちらはお値段も高く、かつ10年以上前のレンズでありAFの遅さやF1.2の薄いピントなどクセのあるレンズです。使いこなすのが難しいと言われています。

 

そんな中、SIGMAから焦点距離85mmの交換レンズ 85mm F1.4 DG HSM | ARTがリリースされました。

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

CANONのF1.2よりは明るさでは劣るF1.4ですが、解像度については非常に高い評価がWebでは上がっています。

 

ついつい、秋葉原のヨドバシさんにてお買い上げしてしましました。

 

F1.4と明るいことから、日中の開放での撮影に支障がありそうなので、ND8フィルターもセットで購入。86mmのフィルターはお値段が高いです・・・。 

Kenko NDフィルター PRO ND8 プロフェッショナル 86mm 光量調節用 010549
 

CANON EOS 6DとSIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ARTの組み合わせにて撮影した写真を何枚か紹介します。

 

本来なら人物の写真が良かったのですが、都合の良い被写体がおらずご容赦ください。

f:id:nzn_ef8:20170514014534j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F1.4 ISO320 

 

f:id:nzn_ef8:20170514015023j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F1.4 ISO100

 

f:id:nzn_ef8:20170514015004j:plain

CANON EOS 6D + SIGMA 85mm F1.4 DG HSM | ART F8.0 ISO800

 

F1.4の開放から解像度については全く問題ありません。純正F1.8をF5.6に絞った解像度がF1.4の開放にて得られている感触です。焦点が合っていない部分のボケも綺麗です。

社外レンズということでAF精度を心配していましたが、純正F1.8以上のAF精度が得られているように感じます。

 

しかし、使っていくにつれて気になる点もいくつか出てきました。

 

1.解像度が高すぎる。

純正F1.8では、開放では適度にソフトな写真が得られていました。

絞っていくにつれ、ピントが合う範囲が広がっていくと同時にシャープさが増していくのですが、本レンズは開放から非常にシャープな絵になります。

解像度が売りのレンズなので当たり前ですが、絞り値を調節することで絵作りを変えることができる楽しさが欠けてしまっています。

また、ポートレート撮影の際は、解像度の高さゆえに人物の肌荒れなどが映ってしまうかもしれません。

 

2.重量やサイズの問題

純正F1.8の重量はわずか425g、それに比べ本レンズの重量は1,130gと3倍近い重量です。フルサイズとしては軽量なEOS 6Dとの組み合わせでは重量差を数字以上に感じました。気軽に使えるレンズではなくなってしまいました。

 

と、気になる点もありますが、開放から遠慮なく使っていける解像度はさらなる撮影素子の高解像度にも対応するでしょうし、高すぎるシャープさは撮影後の調整で対応が可能です。

85mmの焦点距離が好きな方であれば、手にとってみてはいかがでしょうか?

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

SIGMA 大口径中望遠レンズ Art 85mm F1.4 DG HSM キヤノン用 フルサイズ対応

 

 

読書:読むだけで絶対やめられる禁酒セラピー

お酒を飲んで後悔したことや、お酒を飲んで失敗したことはありませんか?

 

飲みすぎてトイレに篭ったこと・・・

帰りの電車で寝過ごしてしまったこと・・・

飲んだ時の記憶が曖昧だったこと・・・

翌日にお酒を残して、午前中は使い物にならなかったこと・・・

 

私は上記の経験が多々あります。

 

私はお酒が大好きでした。

 

ストレスがあればお酒を飲んで気分を紛らわせたり、

悩みのある同僚や後輩がいたら飲みに連れていって話を聞いてやり、

お客さんとのコミュニケーションで飲みにいったり、

地元に行きつけの飲み屋を作って帰る場所を作ったり、

 

お酒を飲んでいる時、非常に楽しい時間を過ごす事が出来ました。

しかし、多くの時間やお金、健康を犠牲にし、多くの失敗もしてきました。

 

貴重な私の人生がアルコールにコントロールされている。

そう思いました。

 

何とかしよう。

 

お酒に依存する生活じゃいけない。と見つけたのが次の本です。

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

禁酒セラピー [セラピーシリーズ] (LONGSELLER MOOK FOR PLEASURE R)

 

私が読んだ結果ですが、未だ42日間ですが禁酒を続ける事が出来ました。

 

重度のアルコール依存の方には効果が無いかもしれません。

しかし、

「お酒を絶つことは非常に辛い」

「お酒がない生活は考えられない」

「でもお酒を減らしたい」

と思っている方には是非読んで欲しい本です。

 

ネタバレしてしてしまうと本書の効果が無くなってしまう可能性があるので、詳細な内容の紹介は避けますが、本書は辛い禁酒を推奨する本ではく、お酒から解放されるための知恵が書かれている本なのです。

 

この本を読めば、お酒の悩みから解放された人生を過ごす事ができる。かもしれません。

2017年初の撮影記録(日光中禅寺湖・秩父)

2017年になりました。

今年もマイペースでブログを更新していこうと思いますのでよろしくお願いします。

 

遠くに出かける際はカメラを持ち歩くようにしています。

しかし、センスがないのか、なかなかいい写真を撮ることができません。

 

正月明け早々ですが、日光と秩父を彷徨ってみました。

相棒のカメラは「CANON EOS 6D」

 

日光中禅寺湖畔の街並み。中禅寺湖に反射する街明かりが虹の様でした。

f:id:nzn_ef8:20170109113817j:plain

 Canon EOS 6D + EF16-35mm F4L IS USM ISO1600 F5.6 35mm 8s

 

先日購入した望遠レンズ「EF70-300mm F4-5.6 IS II USM」にて試し撮り。

中禅寺湖畔の建物と、奥日光の山々と雪を一枚に収めてみました。1月にしては雪が非常に少ないですね。

f:id:nzn_ef8:20170109120651j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO400 F5.6 70mm 15s

 

次は埼玉県皆野町にて撮影したクリスマスの忘れもの。

埼玉には珍しい雪がツリー周辺に降り積もる。光に照らされたツリーと雪が綺麗でした。

f:id:nzn_ef8:20170109113810j:plain

 Canon EOS 6D + EF16-35mm F4L IS USM ISO1000 F4 29mm 1/30s

 

冬は寒さで出歩くのが億劫になりますが、時間があれば出歩いて色々な景色を切り撮っていこうと思います。

CANON EF70-300mm F4-5.6 IS II USMと12月の浅間山(追記1・2あり)

EF70-300mm F4-5.6 IS II USMを購入

CANONさんから新型の望遠レンズ EF70-300mm F4-5.6 IS II USMが12/22に発売になりました。

フルサイズ(EOS 6D)に移行してから、105mm以上の望遠レンズを持っていなかったので望遠レンズには興味があったのですが、発売日にヨドバシさんで見かけてしまい、物欲に負けて購入してしまいました。

 

早速ですが、北軽井沢の鬼押出し園にて同レンズを試写。

まずは、既存のレンズで焦点距離28mmで撮影したのがこちら。

f:id:nzn_ef8:20161225220336j:plain

 Canon EOS 6D + EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM ISO100 F8 28mm 1/1250s

 
EF70-300mm F4-5.6 IS II USMに交換後の写真はこちら。

f:id:nzn_ef8:20161225221112j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F8 70mm 1/160s

 

f:id:nzn_ef8:20161225221155j:plain

  Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F8 300mm 1/320s

 

他の望遠レンズを使った経験が乏しいのですが、EF70-300mm F4-5.6mm IS II USMのAFは爆速です。動いている物や動画を撮るにも適しているレンズと言えそうです。

フルサイズとはいえ、70mm以降の焦点距離は使う場所を選びそうです。

なお、焦点距離200mmの時点でF5.6でした。決して明るいレンズではありませんので、暗い場所や背景をぼかしたい場合は、70-200mmのF2.8やF4を選択すべきかと思います。

 

2017年1月9日 白鳥飛来地にて試写(追記)

EF70-300 F4-5.6 IS II USMを持ち出して、白鳥を撮影して来ました。

APS-C(EOS Kiss X7)及びフルサイズ(EOS 6D)それぞれにて撮影。

f:id:nzn_ef8:20170109215247j:plain

  Canon EOS Kiss X7 + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F8 300mm 1/640s

 

f:id:nzn_ef8:20170109215358j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F5.6 300mm 1/400s

 

f:id:nzn_ef8:20170109215602j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F8 300mm 1/500s

 

逆光気味のシチュエーションでしたが、AFはほぼほぼ迷うことなく撮影ができました。

AFの速度についても文句なしですが、解像度はまぁまぁといったところでしょうか。

 

鳥を本格的に撮ろうと思ったら、300mmでは全然足りませんね。

 

2017年1月22日 江ノ島にてカモメを試写(追記2)

EF70-300 F4-5.6 IS II USMを持ち出して、カモメを撮影して来ました。

f:id:nzn_ef8:20170122230655j:plain

 Canon EOS 6D + EF70-300mm F4-5.6 IS II USM ISO100 F5.6 232mm 1/650s

AFが早いせいか、動いているものには弱いであろうEOS 6Dでも問題なく撮影できました。

秩父盆地にて雲海を撮影

2016年11月19日の深夜、秩父にある美の山から秩父盆地の雲海を撮影してきました。

f:id:nzn_ef8:20161225180509j:plain

 Canon EOS 6D + EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM ISO1600 F8 24mm 15s

 

撮影に来た美の山には他にも撮影に来た思われるカメラマンが多々。深夜なのにみなさんお元気です。

 

武甲山方向を拡大してもう一枚。

f:id:nzn_ef8:20161225181327j:plain

 Canon EOS 6D + EF24-105mm F3.5-5.6 IS STM ISO800 F8 105mm 15s

 

もう少し望遠のレンズが欲しいところ。

 

昨今はツイッターやライブカメラなど、雲海が出ていそうかを自宅に居ても確認できて便利になってきました。

 

せっかく一眼レフを持っていますので色々な撮影にチャレンジして行きたいと思います。

旧Time Capsule 2TB(MB996J/A)のHDDを8TBに交換

iMac Retina(3TB)とMBA(256GB)のバックアップ先として、旧Time Capsule 2TBを使っていました。しかし、両機のHDD使用率が増えてきた結果、バックアップ先のTime Capsuleの方が容量が小さいため、バックアップができない状況になってしまいました。

 

対策として最初に考えたのは、最新のTIme Capsuleに交換する案。

 

しかし、最新のTime Capsuleはお値段が高い。さらには容量が最大でも3[TB]と今後容量が不足することは明らかでした。

APPLE AirMac Time Capsule - 3TB ME182J/A

APPLE AirMac Time Capsule - 3TB ME182J/A

 

 

そこで、バルクのHDDを購入し、既存のTime CapsuleのHDDを交換することにしました。交換したのはこちらのHDD、Western Digitalの8TB(WD Red WD80EFZX)です。

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 8TB WD Red WD80EFZX/SATA3.0/3年保証

WD HDD 内蔵ハードディスク 3.5インチ 8TB WD Red WD80EFZX/SATA3.0/3年保証

 

値段は同容量の格安HDDよりは高いですが、365D24H常に通電し続けるバックアップ用ですので、信頼性を重視したWD Redを選択しました。

交換手順は次の通り。

f:id:nzn_ef8:20161008121919j:image

購入してきたバルクのHDD。

 

Time Capsuleの電源を落とし、ケーブルを全部抜き、本体ををひっくり返します。

f:id:nzn_ef8:20161008122004j:image

 

裏蓋をはがします。 

f:id:nzn_ef8:20161008122016j:image

両面テープらしき物体で接着されているだけですので、ドライヤー等で温めながら剥がすと良いでしょう。

 

f:id:nzn_ef8:20161008122026j:image

 剥がすのを少々失敗してしまいました。見えない裏面なので気にしないことにします。

 

あとはビスをドライバーで外せば、HDDにアクセスが可能になりますので交換するだけです。HDDの交換前に、体の静電気を逃がすことをお忘れなく。

f:id:nzn_ef8:20161008122039j:image

交換後はバラした順番とは逆に、組み立てるだけです。 

 

無事に交換が終わったら、AirMacユーティリティーからディスクを初期化しましょう。

f:id:nzn_ef8:20161008122555p:plain

 

無事に8TBを認識しました。

f:id:nzn_ef8:20161008122600p:plain

 

古いTimeCapsuleでも昨今の大容量HDDは問題なく使える様です。

8TBのディスクに交換した事例がWebで見つからなかったので認識するかドキドキしていましたが、心配は杞憂でした。

 

容量に余裕が出来ました。TimeCapsule本体が壊れなければ、当分はバックアップに心配しないで済みそうです。

Abbey Road Studios再訪とポケモンGO

半年前に訪れたばかりですが、今回もAbbey Road Studios(の目の前の横断歩道)にお邪魔してきました。

 

到着時、何気なくPokemonGO!を起動すると、Abbey Road Studiosがポケモンのジムになっていらっしゃる・・・・。

 

 

そして、横断歩道には観光客が絶えること無く横断しています。

 

今回はスタジオの近所にあるPaul McCartneyのご自宅の前にも行ってみました。

https://www.instagram.com/p/BJIfOhuDQek/

ポールマッカートニーさんのご自宅前にお邪魔してきました。#thebeatles #paulmccartney

 

Webでの情報によれば、購入時の価格は日本円にして18億円だとか・・・。

 

事前情報によれば、Paul在宅時は警備員が居るとのこと。

よって本日はご不在の様子。現在ツアー中ですね。