読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nariguchi's blog

一眼レフ・Mac・読書記録

イギリスへの新婚旅行(7)・イギリス四日目/Abbey Road Studios

朝食はパンとトマトスライス、チーズ。イギリスの朝食は質素だ。

 

朝からAbbey Road Studiosに向かう。

地下鉄に乗れば近そうだが、歩いても1時間程度の道のりなので歩くことにする。

ロンドンの観光にもなって丁度いいだろう。

 

日本と違ってロンドンの町並みには看板が少ない。

 そして、古い建物が今でも使われている。高温多湿の日本と比較すること自体間違っていると思うが、ロンドンの町並みは素晴らしい。

f:id:nzn_ef8:20160806090217j:plain

 

看板の様な朝食の広告がちらほらと。為替レートを考えると£5.5は少々高い。

f:id:nzn_ef8:20160806090149j:plain

 

古の2chネタ?、Welcome to (the) undergroundを思い出した看板。

もちろん、地下鉄の入り口である。

f:id:nzn_ef8:20160806090123j:plain

 

Abbey Road Studioに近づくにつれ、周りは高級住宅街になっていく。

家の庭先にはポルシェやBMW、ベンツやプリウスが並んでいる。

日本でいうと田園調布の様な雰囲気?

 

道を左に曲がると、Abbey Road Studiosは唐突に目の前に現れた。

初めてAbbey Roadのアルバムを聴いてから約20年。ビートルズの数々の名曲が録音されたAbbey Road Studiosが目の前に。そしてあの横断歩道が目の前にある。

 

感動でちょっと泣いた。f:id:nzn_ef8:20160806090423j:plain

f:id:nzn_ef8:20160806090501j:plain

f:id:nzn_ef8:20160806090053j:plain

f:id:nzn_ef8:20160806090025j:plain

 

横断歩道は観光客が絶えることはない。なんども横断歩道を往復したり、記念撮影をしたり。

f:id:nzn_ef8:20160810223044j:plain

 

一眼レフカメラを構えていたからか、何度か写真撮影を頼まれる。

 

日本語が通じない国で撮影を頼まれるのは少々緊張するが、同じビートルズファンだと思って快く引き受ける。

 

f:id:nzn_ef8:20160810223208j:plain

Abbey Road Studiosは立ち入り禁止だが、隣の土産屋には入場可能だ。

 

f:id:nzn_ef8:20160806090347j:plain

 

旅の記念にバッジを購入。

f:id:nzn_ef8:20160812094239j:plain