読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nariguchi's blog

一眼レフ・Mac・読書記録

iMac(Retina 5K)にてVMware Fusion8を試す

VMware Fusion8がリリースされました。

applech2.com

VMware Fusion 8ではiMac (Retina 5K)およびMacBook (Retina, 12-inch)に最適化されており、DirectX 10を使用したグラフィック性能が65%高速化されOpenGL 3.3もサポート

当方はiMac (Retina 5K)を使っています。実際にどの程度3D性能が向上するか確認してみました。

なお、当方所持のiMac(Retina 5K)は下記の通りカスタマイズしてあります。

  • グラフィックを標準のAMD Radeon R9 M290X(2GB)から、M295X(4GB)に変更
  • CPUを標準のCore i5 3.5GHz(4C/4T)から、Core i7 4.0GHz(4C/8T)に変更
  • メモリを8GB+16GB、計24GBに増設
  • Mac OS X Yosemite
  • VMware Fusion上の仮想OSはWindows7 64bit 2Core/2.5GB Memoryの割り当て。

 パフォーマンスの変化を確認するために、DQ10ベンチマークを実行してみます。

まずは、VMware Fusionバージョンアップ前(7.1.2)にてDQ10ベンチマークを実行してみました。

f:id:nzn_ef8:20150825233317p:plain

 

1280x720(最高画質)設定にて、スコア6497です。

f:id:nzn_ef8:20150825233408p:plain

 

次に、テストのためVMware Fusion8にバージョンアップ。

バージョンアップ費用は¥6,290。この費用価値はあるのでしょうか?

f:id:nzn_ef8:20150825233529p:plain

 

VMware Fusion8にてDQ10ベンチマークを実行した結果は次の通り。

スコアが7127まで上昇しました。

f:id:nzn_ef8:20150825233558p:plain

 

6497->7127へのスコアアップですので、約10%程度性能が向上しました。

謳い文句のグラフィック性能65%アップには到底及びませんが、多少の性能向上があることは事実な様です。

 

VMware Fusion8になって、Windows10やRetina 5Kディスプレイへの対応が強化された様です。Retina 5Kモニタを使ってる人や、Windows10、3D機能を仮想環境上で使っている人はバージョンアップを検討しても良いのかもしれません。