読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

nariguchi's blog

一眼レフ・Mac・読書記録

mac mini(2011)にDrobo 5Dを導入(その2)

Mac Drobo

DROBO 5DにmSATA 120GBを増設

DROBO 5Dには、mSATA SSDを増設することで、IOPS性能を高めることが出来ます。

増設手順は次の通りです。

DROBO 5Dのシャットダウン

DROBO Dashboardより、DROBO 5Dをシャットダウンします。

[ツール]より、[Drobo操作]→[シャットダウン]を選択します。

f:id:nzn_ef8:20140324231916p:plain

 シャットダウンが完了したら、DROBO 5Dの電源を抜きます。

mSATA SSDの接続

背面のパネルを空けて、mSATA SSDを接続します。

作業の前に、窓枠等の金属部分を触って、体の静電気を逃がしてから作業を行いましょう。

f:id:nzn_ef8:20140324230146j:plain

 mSATA SSDを接続します。

f:id:nzn_ef8:20140324230249j:plain

今回増設したのは、Crucial mSATA M500 120GBです。

Crucial M500 mSATA 内蔵型 SATA6Gbps 120GB CT120M500SSD3

Crucial M500 mSATA 内蔵型 SATA6Gbps 120GB CT120M500SSD3

 

 

DROBO 5Dの起動とDrobo Dashboardからの確認

Drobo Dashboardより、mSATA SSDが認識されていることを確認します。

f:id:nzn_ef8:20140324232732p:plain

性能、ベンチマークの確認は別途実施します。